So-net無料ブログ作成
検索選択

職場でのヘッドコーチとは [人材育成のヒント]

スポーツの世界で、選手を束ねる役の人のことを
いくつのかの呼び方がありますね。


一般的には、「監督」でしょうか。

それ以外に、「総監督」「コーチ」とか
アメリカ風に言うと「ゼネラルマネージャー」とか

たまたま付けたTVで見たスポーツの試合に
「ヘッド・コーチ」という人が出ていました。

それは、Wリーグの優勝を掛けたファイナルステージです。

Wリーグとは、女子バスケットのリーグ線で
実業団が加盟している団体です。

ちなみに、男子は、地域に根差したプロのPJリーグと
実業団の日本リーグと、二つのリーグがあるので
好きな人は楽しみでしょうが、ちょっと分かりにくいですね。

将来的には統一の方向に向かっているようですが。


さて、そのWリーグの上位2チームが何回か戦い
先に3勝したチームが、リーグの優勝という
野球の日本シリーズと似た方式のステージで
その最後の2試合を、テレビで見ました。

対戦チームは、JXとトヨタです。

私は、基本的に球技は、割と何でも出来る方で
(すみません、プチ自慢になってしまいますがm(__)m)
学生の時、クラス対抗だと、ほぼ選手として
試合に出させてもらっていました。

ところが、苦手な球技があり、それがバスケットだったのです。

なので、見ることも好んでいませんでしたが
チラ見した、今回のバスケは、優勝が掛かっていたからでしょうか
スピード感があるし、攻めの多彩さが面白く
楽しませてもらいました。


2戦とも、(3戦と4戦でしたが)点差が開いても
追いつくし、駆け引きも見ていて分かるので
私でさえ、こうすればいいのにっ!とか思っていました。

試合の途中で、ヘッド・コーチという人がタイムを入れて
選手に対して、あれやこれや指示をします。

携帯できるホワイトボードを使って
かなり細かい指示をします。

選手も、優勝が掛かっているのと
特に負けている側の選手は、その指示を一つ一つ
「ハイ!」「ハイ!」とうなずいています。


そこで、私は思ってしまいました。

ヘッド・コーチ??

コーチとは、何をする人?

相手の持っている能力を最大限に発揮させる人。


あれ、このコーチは、一方的に指示をするだけだぞ、と。


与えられた時間は、60秒しかありませんが
その時間で、できることってなんでしょう?


コーチ、という名前が付いているなら
一般社会では恐らく、選手にこう問いかけるでしょう。

場面としては、数点差で負けていて、残り時間が数分しかない。


コーチ「君たち、目指してるものは何だ?」

選手全員「優勝です!」

コーチ「そのために、何が必要だ」

選手全員「この試合に勝つことです!」

コーチ「何点差で!?」

選手全員「1点差でもいいです!」

コーチ「そうだな、では残り時間で何点とればいい?」

選手全員「後、7点です!」

コーチ「よし!じゃA、そのためにどうする?」

選手A「○○、に切り込みます!」

コーチ「Bは?」

選手B「3ポイントシュートを狙います」

コーチ「Cは?」

選手C「Aが切り込むのをフェイントに使って
    Bにパスを出して、3点とります」

コーチ「Dは?」

選手D「Bのシュートのこぼれ球を絶対に
    取ります!」

コーチ「よし! それでやってみろ!」


なんて展開になるのかな、などと想像してしまいました。


バスケットの関係者の方がいたら、ドしろうとが
申し訳ありません。

恐らく、こんなスムースにいかないでしょうね。


つい職業柄でした。



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:仕事

nice! 3

コメント 2

ミムロ

中学レベルならそのコーチでいいと思います・・・
by ミムロ (2013-03-21 12:46) 

むらひで

ミムロさん。そうですね。
優勝が掛かっている大切な場面ですから
全員が、次のプレー、どう動くかを理解させておかないと
ですね。
ありがとうございます。
by むらひで (2013-03-22 10:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。