So-net無料ブログ作成
検索選択

静岡駅の南口って、いいよ [事務所近くの景色]

昨年の9月に事務所を、静岡駅の北口から南口に移転して
約半年が過ぎました。

ようやく、この南口の生活にも慣れてきました。

私がまだ若いころは、旧清水市草薙に住んでいて
新幹線を使うために、よく静岡駅南口まで
父親に車で、迎えてきてもらいました。

世話になったな~~。

その頃の静岡駅南口は、何もなくて、それこそ何もなくて
駐車場とパチンコ屋くらいしかなかった印象があります。

その私が、そこを拠点として働いているなんて、、、、
隔世(かくせい)の思いがありますねえ。

さて、多くのJRの駅では北口が賑わっていて
南口は、ちょっとさびしい、というパターンかなと思います。
もちろん、例外はありますが。

静岡駅も同じで、北口は商店街やデパート、ショッピングセンターなどなど
東京と名古屋に挟まれた地方の中都市ですが、遠くから来た方は
大抵、そのにぎやかさに驚いて帰ります。

やはり、徳川家康公が、約4半世紀(20年以上)住んでいた都市
だからでしょうか。

それに引き換え、南口は、まだまだこれからの街です。
事務所の前に、駅から徒歩1分のところに、高層マンションを
建設中なので、それがオープンすると、いろんなショップが
できるのかな、と思います。

南口は、歩いて行ける範囲(1~2分)でコンビニがセブンイレブン1店舗
しかありません。

ランチを取るところもほとんどないため、昼食時は、セブンイレブンに
長蛇の列をなしています。

北口の事務所の目の前には、どでかい書店があり
書籍は見放題だったし、タワー型の駐車場もすぐのところにあり
まったく便利でした。

正直、南口に事務所を引っ越した当時は、不便だなあと
不満も感じていました。


さて、ここからが本題。

ところが、最近、南口っていいなあ、と思い始めました。

なぜか。

それは、昔の日本の商店街の風景がそのまま残っているからです。

何歳くらいの方まで記憶があるでしょうか?
お店に入るときに、「こんにちは~っ」って言って入る習慣。

今は店舗が、コンビニや100均、大型のショップになってしまい
店に入るときに声を出す人など、皆無ですよね。

でも、南口は、まだ自分で経営している小さい店ばかりなのです。

先日も、昼食用の野菜を買うために、近所の野菜屋さんに入るときに
入口にお店の人がいたので、思わず、「ちわ~っ」と言って入りました。

初めて入った店ですが。

そしたらお店の人もきさくに、「こんにちは~、何をお探しですか_」

私「うん、野菜をね、何かいいのがないかってね」

お店の人「ないものがあったら言ってくださいね、裏から持ってきますから」

私、キャベツとほうれんそうが欲しかったのですが、値札など無い。^_^;
でもいいやと思い、注文したら、キャベツを1ケだと大きすぎたので
半分に切ってくれました。

そういう、人とのやりとりっていいですね。


それ以外にも、自分のところで作っている、パン屋さんとか
和菓子屋さんとか、昔風の純喫茶店とか、あります。

どのお店も、気軽に話しかけてくれるし
こちらも、肩肘はらずに会話を楽しむことができます。

昔の日本人が持っていた、人と人との接触。

ここでは、それがはぐくまれています。

そういうことに慣れていない若い世代の方には、ちょっと
苦手かも知れませんが、私は子供のころ通った近所の
駄菓子屋さんの感覚を取り戻すことができます。

最近、南口って、いいなあと思い始めました。
引っ越して、よかったなあ。

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント