So-net無料ブログ作成

相手への思いやり [思ったこと]

昨日は久しぶりに終日車で出張した。

市内の企業を3社、午前中1社と午後2社巡回訪問した。

それだけのアポを取ることも大変なのだが
会っていただけることはありがたいと思って感謝して
訪問時には、私に何が出来るのかを、相手に立場に立って
考えるようにしている。

なので、夕方には充実感でヘトヘトになってしまう。


さて、終日出かけているので、休憩及び食事のために
11時くらいにデニーズに入った。

ぎりぎりモーニングサービスメニューを受けることができたので
目玉焼きをはさんだサンドイッチと、お代わり自由のコーヒー
そして、デザートにはアサイーと、私にしては結構豪華な
食事の注文をした、理由は、2時間くらいねばるつもりだったからだ。

美味しい食事と心地よい空間に身を置くと、前向きなアイデアが
どんどん出てくる。

たまにはこういうこともいいもんだなあと、改めて思ったのと
考えなければならない、ややこしいテーマにも、まずまず
取り組むことができた。これは、自分がやらなければならないことなので
進めることができて、一安心だった。

そうこうしているうちに、12時がつかづいてきて店内が
混雑してきた。

コーヒーのお代わりを注文したくて、店員さんを探したのだが
みなさん出払っていて、姿が見えない。

チャイムを押して呼んでもいいのだが、私はあれば苦手だ。

何か、こちらが客だぞを前面に出して、人を呼びつけるのは
どうも気が引けるし、性に会わない。

お客さんも、店員さんも、同じ空間を共有している仲間だから
対等の立場が、心地よい空気が生まれると思う。

そんなことを考えていると、一人の店員さんが目の前を
通って、他のお客さんの食事を運んでいたので
しばらく待っていると、その店員さんが私の目の前を
通る時に、目を合わせると、その方から「コーヒーのお代わり
いかがですか?」と聞いてくれたのだ。

やはりプロだ。

相手の役に立ちたいと思って仕事をしていらっしゃるのだから
その役を演じてもらえるよう、こちらが気を配ればいい。

それが相手への思いやりなのかなと思う。


そうこうしているうちに、更に混んできて、入り口で
待っている人もでてきた。

そろそろ店を出ようと思って準備していると、恐れていたことが起こった。

それは、あるお客さんが、店員さんを呼びつけるピンポンの連打だ。

間髪をいれず、何回も何回も押し続ける。

明らかに、押している人のいらだちが、店内に鳴り響く。

店員さんも分かっているはずだ。
今は、どこも効率化を求めているために、人と人のつながりといったことを
ないがしろにしているために、結果、楽しもうと来ている全員が
嫌な思いをすることが起こってしまう。

どうしたものかなあと思いながら、店を出た。

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント