So-net無料ブログ作成
検索選択

朝飯前とは良く言った [思ったこと]

最近はあまり使われなくなってしまった感があるけれど
この仕事は簡単だよ、ということを伝える常套句(じょうとうく)に
「朝飯前だ」という言葉がありますよね。

今朝、この言葉の意味を改めて知ることができました。

それは、何かと言うと。


私は寝る前に、正確に言うと、寝る体制を整えて
布団に入ってから、明日の朝の行動を頭の中で
シミュレーションします。

例えば、洗濯して、ゴミ出して、という生活のこともありますが
パソコンにソフトをインストールして、とか
請求書のチェックをして、とかいう、多少時間がかかったり
面倒なことを、朝やることにして、それをどのようにこなすのかを
頭の中で考えます。

寝る前にやってしまえば、スッキリして、朝慌てなくても
いいのに、という考え方もありますが
夜は、疲れているので、少し時間のかかることとか
面倒なことをやるには、精神的に辛いです。

でも、朝だと、脳がリフレッシュしているので
面倒だ、というマイナスの気持ちが働きにくくなります。

なので、夜やらずに朝やるように心がけています。

ただ、朝やるには、テキパキこなさないといけないので
シミュレーションをしておく、という習慣になっています。


さて、今朝も、シミュレーション通りにテキパキと
洗濯ものを干しながら、パソコンにソフトをインストールする
という二つの作業を同時にこなしていました。

そして、ふと思ったのですね。、

こういった作業は、朝食の前にいつもこなしています。

作業を終えて、食事にすると気持ち良いからです。

ああ、これが朝飯前、ということなんだなって気づきました。


朝飯前とは、簡単な作業というよりも
朝飯前にやり終えてしまうようにすると、時間も有効に使えるし
なにより気持ちよいでしょう、ということなんですね。

いかがでしょう、皆さんも、ご自身の作業の済ませ方の
参考にしていただけれると嬉しいです。
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント