So-net無料ブログ作成

急がばまわれ [人材育成のヒント]

この記事は、先日 JIJICOというニュースネタを
集めたHPに投稿させていただいた記事を再掲しました。
タイトルは自分なりにへんこうしましてけれど。(^_^;)

 こんにちは。毎日仕事にプライベートに忙しく休みの日も活動しているあなた。
マルチタスクで仕事をこなせる人に憧れませんか?
例えば私が仕事で関わっている女性の話をしてみましょう。

その方はいつも複数の仕事を同時に仕上げてくるので、
マルチタスクな方だなあと毎回感心しています。ところが最近結婚されて、
悲鳴を上げています。

その理由は今まで家事をあまりやってこなかったので、
仕事と家事の両立ができなく、
結果自分はひとつのことしか出来ないって気付いた、とのことでした。

マルチタスクと傍からみえている人達、
例えば一度に何本もの連載を抱えている作家や漫画家は
小さなタスク(作品)を同時に何作品もこなしているので、
あかたも仕事をマルチタスクにこなすことができる人のように見えるのですが、
実際は一つの作品を集中してこなしてから、次に取りかかっているそうです。

 このようにマルチタスクで混乱した仕事をこなすよりも、
一つのことに集中してその生産性を高めることで
、仕事とプライベートと充実したものにするためにどうしたら良いのか。
ポイントを上げてみましょう。
 
 1)優先順位をつける

  やりたいことより、やらなければならないことから先に手を付けて、
  いつまでにやるのかを決める。先に、やるべきことをやり終えてから、
  やりたいことに手を付けることで楽しんで取り組めます。

2)大きなタスクは細切れにして、小さいタスクにする

  大きな仕事を小さいタスクに細分化して、少しずつ終了していく達成感を味わいましょう。

3)見える工程表を作る

  いわゆる仕事の見える化ですが、複数のタスクが各々出来る納期なのかが
  見えることで感覚的に分かります。無理かもと思ったら、
  取りかかる前に納期の変更をしましょう。

 4)次に何をするのかを考えてながら今のことに集中する

  細分化されたタスクの最初の回が終了して翌日以降次に取りかかる時に、
  すぐにはじめられるように痕跡を残しておきましょう。次工程は自分ですが、
  自分に優しく引き継いであげられるといいですね。

 集中して目の前のタスクに取り掛かっていても、
他のことが気になって集中できない時にはどうしたらいいか。

これは私が実際にやっていて効果がある方法です。

それは、気になっていることをともかく近くのメモに書き出す。

何でもいいのです、あのDVDを見ようとか、友達にメールしようとか
、明日図書館に本を借りに行こうとか。とりあえず書き出すことで、
いったん今取りかかっているタスクに無関係なことが頭の中から消すことができます。

また文字として残しておけるので忘れてしまう不安から逃れて
目の前のことに集中できます。

ま、そのメモを後から見るとたいしたことが書いていない場合が大半なのですが(笑)。



nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント