So-net無料ブログ作成
検索選択

捨てることで得るもの [思ったこと]

捨てることで得られるものがある。

入れるところが一杯だと、次のものが入る余地が無いから
捨ててしまいましょう。

私も何度も経験した不思議な現象。
本当に、捨てることではいってくるものってあります。

今回は、ものではなく、自分の心の中のものを捨てることについて
書いていこうと思います。


心の中のものを捨てるとは、例えば、

未練を断つ、とか、後悔の念を終わりにする

ということだと思ってください。

物質を捨ててしまうとか、人との縁を断つのではなく
自分の頭の中にいつまでも駆け巡っている、くら~い思いを捨ててしまいましょう
ということです。


実は少し前、私の人生にそうそう起こる事もなかったほどの大きな
衝撃な連続で発生しました。

今は出来事はある程度片付いているので
もう、次にすすむための方策をたてて、行動しているので
それ自体は大丈夫なのですが、その最中にはブログが
何日も飛んでしまって、振り返ると自分の衝撃の大きさが
記録として残っているなあと思います。

済んでしまい、終わったことなので、次に向かって歩きだしていますが
では、どこに向かって歩いていけばいいのかが、定まりません。

衝撃の大きさから、歩む方向を間違ってしまうと
また、あんなことが起こっていしまうという恐怖と不安が
歩みを遅くさせているような気がします。

次に向かって歩いている時に
いわゆる後ろ髪を引かれる思いもありますし
石橋を叩いて、たたき落としてしまった方がいいのかなと
思うこともあります。

どうしても、後ろを振り返って、元いたところが気になるのですね。
元いたところのほうが、慣れているし、住み心地が
良かったのでしょう。


でも今、気持ちを切り替えが必要なのです。

未練を捨てる、後ろを振り返らない。

何かを捨てるのではなく、自分の気持ちを平常心に戻して
前を見て、前に何があるのを、ちゃんと二つの目と
心の目で、見極めて、いきましょう、ということだと思っています。

いつまでも、振り返り振り返りしていると、ちゃんと前を見ることができず
折角前にある、大事なシグナルを見落としてしまいますよ。


目に見えないものを捨てることは難しいことだとは分かっています。
でも、それが出来るのは自分しかいません。

自分を活かすも、活かさないもの自分次第です。

毎日、しっかり自分を見つめて、前に進んでいきます。





nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

良い習慣を [思ったこと]

3月に入って、ブログを書くペースを落とした。

それまで何年か頑張って、本当に頑張って
毎日書くことが目的で書いていたこともあった。

正直辛かった。

それを解消しようと、質の高いものをアップしようと思い
毎日書くという習慣から、自分を解放した。

と、同時に、仕事とプライベートで
大事件が同時に勃発した。

もう両方とも自分の中で処理できているので、落ち着いていられるのだが
その最中には、なぜ、こんなことが同時に起こるのかと
胃が痛くなってしまった。

会社員を辞めて自分で仕事をするようになって
胃が痛くなるってことが、ほとんどなかったが、今回はきいたよね。

そんなこんなで、毎日やる習慣から自分を解放すると
それなりのことが起こることが分かった。

良い習慣は、それなりに持ち続けたほうがいいのかなと思った。

なので、これからは毎日ではないけれど、良い習慣を取り戻そうと思う。

書くネタは山ほどあるのです。

メモに摂っておくクセはそのままなので、パソコンや
コタツの上に、付箋メモが一杯貼ってあります。

それを徐々に形に表していきますね。

という決意表明でした。ちゃんちゃん。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

相手への思いやり [思ったこと]

昨日は久しぶりに終日車で出張した。

市内の企業を3社、午前中1社と午後2社巡回訪問した。

それだけのアポを取ることも大変なのだが
会っていただけることはありがたいと思って感謝して
訪問時には、私に何が出来るのかを、相手に立場に立って
考えるようにしている。

なので、夕方には充実感でヘトヘトになってしまう。


さて、終日出かけているので、休憩及び食事のために
11時くらいにデニーズに入った。

ぎりぎりモーニングサービスメニューを受けることができたので
目玉焼きをはさんだサンドイッチと、お代わり自由のコーヒー
そして、デザートにはアサイーと、私にしては結構豪華な
食事の注文をした、理由は、2時間くらいねばるつもりだったからだ。

美味しい食事と心地よい空間に身を置くと、前向きなアイデアが
どんどん出てくる。

たまにはこういうこともいいもんだなあと、改めて思ったのと
考えなければならない、ややこしいテーマにも、まずまず
取り組むことができた。これは、自分がやらなければならないことなので
進めることができて、一安心だった。

そうこうしているうちに、12時がつかづいてきて店内が
混雑してきた。

コーヒーのお代わりを注文したくて、店員さんを探したのだが
みなさん出払っていて、姿が見えない。

チャイムを押して呼んでもいいのだが、私はあれば苦手だ。

何か、こちらが客だぞを前面に出して、人を呼びつけるのは
どうも気が引けるし、性に会わない。

お客さんも、店員さんも、同じ空間を共有している仲間だから
対等の立場が、心地よい空気が生まれると思う。

そんなことを考えていると、一人の店員さんが目の前を
通って、他のお客さんの食事を運んでいたので
しばらく待っていると、その店員さんが私の目の前を
通る時に、目を合わせると、その方から「コーヒーのお代わり
いかがですか?」と聞いてくれたのだ。

やはりプロだ。

相手の役に立ちたいと思って仕事をしていらっしゃるのだから
その役を演じてもらえるよう、こちらが気を配ればいい。

それが相手への思いやりなのかなと思う。


そうこうしているうちに、更に混んできて、入り口で
待っている人もでてきた。

そろそろ店を出ようと思って準備していると、恐れていたことが起こった。

それは、あるお客さんが、店員さんを呼びつけるピンポンの連打だ。

間髪をいれず、何回も何回も押し続ける。

明らかに、押している人のいらだちが、店内に鳴り響く。

店員さんも分かっているはずだ。
今は、どこも効率化を求めているために、人と人のつながりといったことを
ないがしろにしているために、結果、楽しもうと来ている全員が
嫌な思いをすることが起こってしまう。

どうしたものかなあと思いながら、店を出た。

nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事